blog.jpg
管理人・電算機一郎の個人サークル『オレと勝負だ』の同人活動、その他諸々についてのブログ。 夏コミのスペースは3日目ら-13b になります。

2018年01月03日

新年のご挨拶、他

あけましておめでとうございます。今年も当ブログを、よろしくお願いします。

さて新年早々、次の参加イベントの告知です。1月21日、インテックス大阪で開催されるこみっくトレジャー31に参加します。スペースは 4号館エ12b オレと勝負だ 。当日会場に来られる方、ぜひ覗いて行ってください〜。
あと2月11日コミティア123にも参加予定です。こちらもスペースが確定したら改めて告知します。

まだこのブログを立ち上げてから1年も経ってないんですが、新しい年を迎えたって事で…今年はもっと定期的に、描いている漫画について紹介できたらなあなんて思っています。自信はないですが(^_^;)。
まずは今やってる原稿を、キッチリ仕上げないとですね。
posted by 電算機一郎 at 22:50 | Comment(0) | イベント参加

2017年12月27日

『悪魔のようなあの娘』

pixvにアップしてる過去作品へのリンク記事、今回は2011年に発行した『悪魔のようなあの娘』です。
1.jpg
ウチが2007年に初めて出した創作系同人誌が、これと同じタイトルで、今回紹介してるのはタイトルと主役キャラを引き継いだリメイク版ですね。もっとも内容はかなり違うのですが。
狙いとしてはシンプルに、主役の悪魔っ娘・キリカのズレっぷりを楽しんでもらおうという物で、作者としては結構気に入ってる一作です。「悪そうにしてるのにいい人」とはちょっと違って、「悪そうだけどマジメ」という感じで描いてます…うーん微妙ですね(笑)。
キリカは初めての創作系キャラという事で思い入れがあるので、機会があればまた描いてみたいと思ってます。…とか言ってると、その機会がなかなか来ないのですが(^ ^;)。
posted by 電算機一郎 at 01:26 | Comment(0) | 過去作品

2017年12月19日

雪の日 その1

気がつけば今年も残りもう半月ほど…。早いですなあ(^ ^;)。ウチは暮れに参加するイベントもないので、年明けを睨んで原稿をやりつつ、年末の仕事等の忙しさでバタバタしております。

さてその原稿です。今進めてる新作、少しばかり形になってきたので、徐々に公開していこうかと思っています。まずは今回、出だしの部分だけ。こんな感じです。
2017-12-19a
ojo2.jpg
ojo3.jpg
ojo4.jpg
「雪の日」は最初のエピソードのタイトルです。同人誌には3〜4つのエピソードを纏めるつもりなので、作品タイトルは別にあります。
今のところは敢えて、作品の解説などはしません。今まで描いた物と、ちょっと違う空気を感じてもらえたらいいのですが。
もう少し作業が進んだら、また続きをアップしようと思います。
posted by 電算機一郎 at 09:55 | Comment(0) | 漫画

2017年11月19日

悩む悩む

しばらく更新の間が空きましたが、この間、次回作について色々考えてました(サボってないアピール)。

次に何を描くかという時に、パッとアイデアがひらめく(もしくは前の原稿をやってる時から既にひらめいている)こともあれば、なかなかアイデアがまとまらず何日も何週も悶々とすることもあります。今回の場合は後者です。
こういう時はなかなか苦しい…漫画の事が気になってしまって、他の事が心から楽しめなかったりとか、色々悪い影響が出てしまいます。趣味なんだからもっと気楽にとも思うんですが、そう簡単に割り切れないのも事実。
特に、「次は今までとちょっと違った感じの物を描きたいなあ」なんて考えだすと、ドツボに嵌りやすいみたいですね(^^;)。

あれ、そんな状況で今こうして更新してるって事は…?いやまあ、まだ作品としてまとまるかは分からないんですが、まずはそろそろ手を動かしてみようかと。形になりそうだったら、またこちらで報告します。

年明けのイベントについてもそろそろ考えないと…という事で、1月21日のこみっくトレジャー31にまずは申し込んでみました。前回のこみトレ30の記事の時に、「今回で第一回から15周年」なんて書いてしまいましたが、これ電算機の早とちりで、次が15周年みたいですね。イカンなあ(^^;)。

2017-11-19.jpg
posted by 電算機一郎 at 11:21 | Comment(0) | 雑記

2017年10月29日

『ミノリ稼動中 第4話』

久々に、pixivで公開してる過去作品の紹介リンク。今回は『ミノリ稼動中』の第4話です。
2017-10-29
第1話からこの話までを2009年発行の同人誌に収録したので、本の締めの話という事でそれっぽいノリに仕上がっているかと思います(笑)。ミノリと優希の、相手に対する想いの違いというのは最初から描きたい事の一つだったので、個人的には気に入っているエピソードです。セリフ回しとかは、今読むと結構恥ずかしかったりもしますが(笑)。

作品としては一応4コマ漫画と言う事にしてますが、実は4コマのページと非4コマのコマ割りのページが、丁度半分ずつの組み合わせになってるんですよね。4コマの途中に非4コマを挟んで物語性を出すのは割と好んで使う手なんですが、半々はちょっと多かったかな…?と今になって思います。
締めの話なので大ゴマを多く使いたかったんでしょうね、やっぱり(笑)。
posted by 電算機一郎 at 14:52 | Comment(0) | 過去作品