blog.jpg
管理人・電算機一郎の個人サークル『オレと勝負だ』の同人活動、その他諸々についてのブログ。

2017年08月29日

こみっくトレジャー30のスペース

改めて告知を。9月3日インテックス大阪で開催されるこみっくトレジャー30にサークル参加します。
スペースは4号館オ34a オレと勝負だ です。

当日持ち込む本は、先日のコミティア121の時と同じになると思います。
そのコミティアで発行した『ミノリ稼動中another』(300円)
が関西初売り。あとは
スマホユーレイのシノブさん』 既刊(17年5月発行) 200円
魔女は教室の隅にいるB』 既刊(17年2月発行) 300円
魔女は教室の隅にいるA』 既刊(16年10月発行) 300円
魔女は教室の隅にいる』 既刊(16年8月発行) 300円
で、全5種を予定しています。それぞれpixivの見本紹介ページにリンクをつけてますので参考にしていただければ。
当日参加される方、ぜひウチのスペースも覗いていってください〜。

しかしトレジャーもいよいよ30回目ですか。年で2回の開催だから、1回目からもう15年。電算機は最初から一度も欠かさず出てますから…いやー、我ながらオッサンになるワケだ(^^;)。
posted by 電算機一郎 at 09:41 | Comment(0) | 漫画

2017年08月15日

ミノリ稼動中another その4

さて、今週末はいよいよコミティアです。発行予定の新刊の見本をもう一本、これで最後です。
2017-08-15
今回の本は2話構成になってまして、これは後半の話の冒頭です。家事だけでなく、家業も手伝うミノリ。
ちなみに今までのシリーズでもミノリが喫茶店で働くシーンは何回かありました。…作者の趣味ですね(^^;)、すいません。

ーさて、ここ数回の記事で、今度の新刊の内容は紹介できたかと思います。
原稿自体は先日完成し、ネット入稿も済ませました。これで枕を高くして眠れる…はずですが、印刷屋さんがお盆休みに入ってしまい、最後の確認メールがまだ来てないんですよね(^^;)。
念のため、確認が取れてから表紙等は紹介させてもらおうかと思います。そりゃもう、明日明後日にでも!

posted by 電算機一郎 at 01:56 | Comment(0) | 漫画

2017年08月08日

ミノリ稼動中another その3

準備中の夏の新刊の見本、三本目です。
20170808
今回のはミノリのロボっぽさと実際の働きぶりを描くネタですね。家事の代表的なものとして、まずは料理だろうと。
今までのシリーズ同様、人間的な言動と機械的な機能の振り幅を強調しています。
ちなみに、作者自身は料理はあんまりしないので、簡単な物しか作れません…(^_^;)。こういうネタを描くとき、自分に実際にそれなりのスキルがあれば、もっと説得力のある描写ができるのかなあなんて時々思います。

さて原稿の作業の方は現在、漫画の本文がほぼ出来上がってきてます。そろそろ表紙などに手を付けないといけない時期ですね。次の更新では入稿の報告ができるといいんですが…どうだろう(^_^;)。。
posted by 電算機一郎 at 08:09 | Comment(0) | 漫画

2017年07月23日

ミノリ稼動中another その2

準備中の夏の新刊、今回も見本を一本公開しておきます。
2017-07-23
今回は番外編という事で、基本設定も今までのシリーズとはちょっと異なってます。優希の父親は初登場ですが、多分今回だけの設定です(^_^;)。母親が不在となってますが、逆に過去作では既に登場してますね。
主要な登場人物に中年男性というのは、今まであまり描いた事がないパターンで、これがなかなか新鮮で楽しいです。オジサンキャラは前から描きたかったんですよ、ニーズはなさそうですが(笑)。
設定は違ってもミノリの性格はいつも通り。次の見本では、実際に家事をするシーンをお見せする予定です。
posted by 電算機一郎 at 10:05 | Comment(0) | 漫画

2017年07月08日

ミノリ稼動中another

6月は色々あってバタバタしてましたが、そんな中でも夏の新刊の準備はジリジリと進めていました。そろそろ少しずつ、紹介していこうと思います。

今回は久々に、シリーズ『ミノリ稼動中』の新作を描いてます。ーと言ってもこれ、今までのとはちょっと設定が違います。言わば番外編です。
an1'.jpg
タイトルは『ミノリ稼動中another』。本来は学園物風の設定である本シリーズですが、今回だけ「もし家族物(家庭物)風の設定だったらどうなるか」という感じの内容になってます。
なぜ今回だけこうしてるかと言うと、単純に電算機が「前から一度描いてみたかったから」。従来の設定だと描けないネタや、出せないキャラクターの一面を出せるかなあと、前々から考えだけはあったんですよね。まあ、作者の自己満足という面が強いですが(^_^;)、内容自体は導入部からオチまで一本の作品にするつもりなので、初めての方がこれだけ読んでも大丈夫だと思います。
作業は一応、8月20日のコミティアに合わせて進めています。今後もちょくちょく内容をお見せしていく予定です。
…予報では今年の夏も暑くなるそうなので、まずは暑さにやられないように注意しながら進めないとなあ(^_^;)。
posted by 電算機一郎 at 15:56 | Comment(0) | 漫画