blog.jpg
管理人・電算機一郎の個人サークル『オレと勝負だ』の同人活動、その他諸々についてのブログ。

2017年11月19日

悩む悩む

しばらく更新の間が空きましたが、この間、次回作について色々考えてました(サボってないアピール)。

次に何を描くかという時に、パッとアイデアがひらめく(もしくは前の原稿をやってる時から既にひらめいている)こともあれば、なかなかアイデアがまとまらず何日も何週も悶々とすることもあります。今回の場合は後者です。
こういう時はなかなか苦しい…漫画の事が気になってしまって、他の事が心から楽しめなかったりとか、色々悪い影響が出てしまいます。趣味なんだからもっと気楽にとも思うんですが、そう簡単に割り切れないのも事実。
特に、「次は今までとちょっと違った感じの物を描きたいなあ」なんて考えだすと、ドツボに嵌りやすいみたいですね(^^;)。

あれ、そんな状況で今こうして更新してるって事は…?いやまあ、まだ作品としてまとまるかは分からないんですが、まずはそろそろ手を動かしてみようかと。形になりそうだったら、またこちらで報告します。

年明けのイベントについてもそろそろ考えないと…という事で、1月21日のこみっくトレジャー31にまずは申し込んでみました。前回のこみトレ30の記事の時に、「今回で第一回から15周年」なんて書いてしまいましたが、これ電算機の早とちりで、次が15周年みたいですね。イカンなあ(^^;)。

2017-11-19.jpg
posted by 電算機一郎 at 11:21 | Comment(0) | 雑記

2017年10月29日

『ミノリ稼動中 第4話』

久々に、pixivで公開してる過去作品の紹介リンク。今回は『ミノリ稼動中』の第4話です。
2017-10-29
第1話からこの話までを2009年発行の同人誌に収録したので、本の締めの話という事でそれっぽいノリに仕上がっているかと思います(笑)。ミノリと優希の、相手に対する想いの違いというのは最初から描きたい事の一つだったので、個人的には気に入っているエピソードです。セリフ回しとかは、今読むと結構恥ずかしかったりもしますが(笑)。

作品としては一応4コマ漫画と言う事にしてますが、実は4コマのページと非4コマのコマ割りのページが、丁度半分ずつの組み合わせになってるんですよね。4コマの途中に非4コマを挟んで物語性を出すのは割と好んで使う手なんですが、半々はちょっと多かったかな…?と今になって思います。
締めの話なので大ゴマを多く使いたかったんでしょうね、やっぱり(笑)。
posted by 電算機一郎 at 14:52 | Comment(0) | 過去作品

2017年10月22日

『4×4式アサシネイション』おまけ

前回記事にした合同誌のお話に、ちょっと追加。

今回は比較的カタいノリで描いたので、絵の方も軽めのじゃ合わないかなと思って線をいつもより太めにしてみました。やってみると個人的には結構いい感じだったんで、これからの原稿にも生かしていこうかなと思ったり、思わなかったり…。

さて電算機が提出したキャラ、雪女の亜月萌華。打ち合わせの段階では、こんな説明画を描いて他の作家さんに見てもらいました。
2017-10-22a.jpg 
電算機がこのキャラを出す時、念頭に置いたのは「キャラの特徴が分かり易い」という事と、「言動にインパクトがある」という事。要は「他の作家さんにも面白く動かしてもらえるようなキャラを」って事でしょうか。…実際、そうなってるかは自信がないですが(笑)。
このキャラ説明画、他の作家さんも同じように出されるんですが、キャラの強調するポイントがみんな微妙に違うんですね。集団の中の立ち位置だったり、裏設定的なものだったり…そういうとこにも作家の個性が出るのが、打ち合わせの面白いところです。

ちなみに電算機は今回、キャラを二人作って提出して、他の作家さんにどっちがいいか選んでもらいました。採用された方が萌華だったんですね。
最後に没になったキャラの説明画を。
2017-10-22b.jpg
インパクトはこっちの方があると思うんで(笑)、この子も描いてあげたかったですね。
posted by 電算機一郎 at 17:01 | Comment(0) | 雑記

2017年10月14日

『4×4式アサシネイション』

ちょっと時間が経ってしまいましたが、先日の関西コミティアで出した合同企画本について書いておきます。どんな企画かは、こちらの記事を見てもらうとして…。

今回、電算機が描く漫画の「縛り」は、4人のキャラクターと「殺し屋」というお題でした。なんでこんな物騒なお題になったのか、参加メンバーとお酒の席でワイワイやりながら決めたのであまり覚えてないです(笑)。この縛りを守りながらどんな作品を仕上げるかというのが、この企画の愉しみなんですが…ちょっと今回は、難産でしたね。なかなか上手く一本の漫画にまとまらなかったです。
で、悩みながら描いたのが以下のような感じ。

 2017-10-14a.jpg

2017-10-14b.jpg
「忍者」の子が妖怪相手の殺し屋で、「雪女」の子を狙うと言う内容になりました。あとの2人の子は雪女の友達と言う役どころ。
…今回は結構、多少の笑いの要素は入れつつも、真面目な感じで描いてますね(笑)。前回参加した時から感じてたんですかが、この企画はまずキャラありきなので、内容が4人のキャラの掛け合いを面白おかしく描いて、ほどほどのオチがついて終わり…と言う感じになりがちだなあと。電算機も最初そう言う方向性で考えてたんですけど、みんなが同じような漫画になってしまったら面白くないかなと思い(他の作家さんがどんな漫画描いてるかは当日まで分からないんですが…)、今回のようになったんですね。
出来上がった自分の漫画を読んでみて…自分にはこう言う方向性は合わないかなあと改めて思いました(笑)。読んだ友人からも「カタいな〜」と言われましたし…。ただまあ、普段描かないような物を描くいい機会にもなりましたし、個人的には良い体験でした。他の方の漫画はどれもノリが良く面白い物だったので、一本ぐらい外してても見逃してもらえるだろう、なんて…甘いですか(^^;)?

今回電算機が提出したキャラは、雪女の亜月萌華。掴みやすく描きやすいキャラだったせいか、他の作家さんにもいい感じで描いてもらってて嬉しかったですね。
苦労はしましたが、楽しかったのでまた同じ企画があったら、参加したいです。
posted by 電算機一郎 at 22:36 | Comment(0) | 雑記

2017年10月07日

関西コミティア51お疲れさまでした

先日関西コミティア51にサークル参加してきました。当日ウチのスペースに来ていただいた方、差し入れ等くださった方、ありがとうございました〜。

さて関西ティア参加10周年の記念(?)回です。新刊の合同企画の原稿は前日の晩に完成し、当日は朝にサッと無料配布ペーパーを作って余裕を持って会場にいく…つもりだったんですが。
朝からちょっとハプニング!
2017-10-07a.jpg
ペーパーの原稿はこんな感じ。挨拶を載せてる一枚目以外は、10年前の初参加時に出した3冊のコピー本の1ページ目を復刻しています。
ところがいざ、ハードディスクに突っ込んである過去原稿データを探してみると、この原稿がなかなか見つからない!
なんかすぐに分かる名前のフォルダでも作って保存してあるだろうと油断してたのがまずかったですね(^_^;)。結局、なんでこんなフォルダに入れてたんだろうと言う所から見つかったんですが、家を出る時間はこれで予定より30分以上のオーバー。行く途中で原稿コピーして、会場で折って…なんとかイベント開始には、準備間に合いました。
今回もギリギリ…時間の見積もりの甘さはなかなか直りませんなあ。
2017-10-07b.jpg
当日のスペースはこんな感じ。用意した合同企画本は最初の1時間弱でなくなったので、あとは来てくれた方と話をしたりしながらノンビリと過ごしました。
今回は会場もお馴染みOMMビル。初参加の時と同じです。でもあの時は参加サークル数は今の半分以下、ホールも3ホール全ては使ってませんでした。あの頃会場で会っていて、今は会場に来ていない方も多く居ます。10年変わらない事をしてるようで、周りはやはり変化してるんだな…なんて事を、スペースに座りながら少し考えてしまいました。

イベントの後は今回合同企画でご一緒した作家さん達を交えて打ち上げ。それぞれの漫画の感想を言い合ったりして、この企画はこれが楽しいんですよね。今回描いた漫画については、次回の更新でまた詳しく。

さて今年のウチの即売会への参加はこれが最後になります。次の参加は年明けのこみっくトレジャーの予定(まだ申し込んでないけど)。しばらく間が空くので、ノンビリ次回作について考えておきたいですね。


posted by 電算機一郎 at 15:43 | Comment(0) | イベント参加